私は超マザコン女ですした

母教から脱退します

自立しなさい  泣かないのって都合のいい言葉やったんやなぁ

なにも考えてない  自分のことだけ

自分がいいと思う正義の押し付け

 

 

でも  そんなもんよね

自分のことは自分の感性で生きるもんでしょって

意見を求められたら答えるけど決めるのはあなたでしょ

相手の特性を見抜いてとか

ごめんなさい  私ホントに見抜けないのです

 

母が常識だと思っていたがどうも違ったみたい

 

でもなんか複雑で  母を頼りにすることを諦めたみたいなんです

 

母は母ではなく  お嬢様

少女

おじいちゃんから愛された記憶のまま

時を止めてしまったそうです

自身のお父さんが若くして なくなってしまった現実を受け止めきれずに凍結させたとの事  強烈なトラウマとなり  それをもし抱え込んだなら  私はネグレクトだったと

凍結させることが母の愛しかただったと

 

お母さんを理由になにもかもに、ブレーキをかけていた私

お母さんのせいにしてなにもしない私

卒業します

 

母のトラウマの告白を受ける日が来るかね

そんな日が来たら私もでっかくなったなぁと褒める日だね

 

母も子育ていややったんやん

それでもここまで生かしてくれて

ありがたいことだ  

家事をやらない私へのヒステリック

私だってやりたくなかったわぁってことか

知らんがなぁ

タスクの分離ってやつか????

母の喜怒哀楽の激しさに振り回されない

それが目標かしら